Music & Video TopMusic%26Video.htmlshapeimage_1_link_0
+ α TopPlusAlpha.htmlshapeimage_2_link_0
HomeTop.htmlshapeimage_3_link_0
 
即興ビデオ  MultiplY  Me  MPEG-4  &  GarageBand のテスト...
 
『  Multiply  Me  』(2004年)
ビデオを三脚に固定して録画開始。場所を移動しながら、1〜2分ずつテキトーなアクションをば。それを FinalCut Pro に取り込んで、あとは「マルチポイント」で「ソフトエッジ」なワイプで画面内をくり抜いて重ねる。つまり、本来は場面転換のためにあるワイプで、画面を部分的にマスクするだけの話なんですが、実際にやってみたら異様にオモシロイ!(...のは自分だけか?)。
GarageBand もあなどれませんね。音楽が音楽たりえるために必要な2つのエッセンス=「グルーブ」と「音質」がすでに最適化されているんですから。あとは組み合わせのセンスだけで「ちゃんとした音楽」ができてしまうという。う〜ん、凄い... 20代後半に広告代理店にいた頃、所属していた部署にはIBM®のパソコンが1台ありました。使えるのは専任のオペレーターというか、秘書の女性だけ。どこかへ提出する文書は、手書き原稿をこの女性に渡して、パソコンで清書してもらうのです。なにごともカタチから入るボクは、その時すでに自宅にキヤノンのワープロ専用機を所有していましたが、MS-DOS®などというなんだかよく解らないモノで動くPCは敷居が高すぎて(というか、使う気になれなくて)手を出しませんでした。
1989年、縁あってまだ TMN のリーダーだった小室哲哉氏の事務所に転職しました。そこで、『Macintosh®』などというコンピュータらしからぬ名前が付いたパソコンに出逢ったのです。「ジャーン!」初めてそのなんとも素朴な起動音を聞いた瞬間、あぁぁ、ボクは終生こいつと過ごすのだろうなと、ぼんやり予感したことを覚えています。

ボクはたいていビデオ編集では「カット繋ぎ」しか使わないのですが、2004年夏のある日、「ワイプ」を使った(たぶん初歩的な?)トリックを思いつきました。○○を○○したら、○○できるんじゃないかしら?
ちょうど QuickTime® で MPEG-4 ビデオの書き出しができるようになった頃です。また、各種のループを繋げるだけで BGM ができてしまう GarageBand なるソフトを入手したばかりでもありました。

「よし。ちょっとテストしてみよう!」
そう思い立ってからココに掲載した最終形になるまで、自分一人で撮影して、編集して、作曲(?)して、トータルで2時間ほどしかかかりませんでした。これには自分が一番驚きました...。