Music & Video TopMusic%26Video.htmlshapeimage_1_link_0
+ α TopPlusAlpha.htmlshapeimage_2_link_0
HomeTop.htmlshapeimage_3_link_0
 
“One! カンツラ一代 ” Soundtrack
かつての銀幕のスター「カンツラ」こと勘堂氷柱之介をめぐるさまざまな陰謀。はたしてカンツラは、忘れてしまったラストシーンを思い出せるのか...?アーバンフォレストが「新宿スペース107」へ初進出。初のコントライブを行った公演でもある。
One!  カンツラ一代(2000年)
原  作:藤本有紀 
台本・演出:伊丹ドンキー
公演期間:2000年11月18日(土)〜11月26日(日)
劇  場:新宿スペース107
出  演:穴吹一郎、大友恵理、TAKU、 そのべ博之(オフィスダンボ)、 迫田圭司(アクトB-GUN)、石井匡人(羽生一家玉組)、平松かず紀、倉本剛、三浦昌朗 ほか

演劇集団 アーバンフォレスト:http://www.urbanforest.jp/http://www.urbanforest.jpshapeimage_5_link_0
この「One! カンツラ一代」は、演劇集団アーバンフォレストの第4回公演にあたる演し物です。そして、前作「赤坂見附 〜俺はやってねぇ〜」をたまたま目にして彼らの虜になったボクが、座長の穴吹一郎氏に頼んでお仲間に入れてもらった最初の芝居でもあります。
アーバンに限らず、小劇場で芝居を打っている劇団はどこも皆貧乏です。チラシやパンフレットなどの刷り物も印刷代以外の経費を浮かせるために、デザインは『パソコンを使える身内』の仕事です。アーバンの場合はたまたま近くにプロのイラストレーター兼デザイナー氏がいたので、それまでもきちんとした印刷物を作っていました。が、人手は多いに越したことはありません。ボクは親友のキムさんこと写真家の木村 功氏を連れて稽古場へ行き、まずは「ちゃんとした」彼らの写真を撮影することから始めました。
そんなある日、座長の穴吹さんから「どこぞに作曲家の知り合い、おりまへんか?」との質問が。「大昔の時代劇のテーマ曲みたいのんが必要なんですけども」と。まだ付き合いも浅かったので、さすがにその場で「ボクがやりましょう!」と云うわけにもいかず、「はぁ。知り合いがいるんで頼んでみましょう」と返答。翌日、こっそり資料CDを買い込んで、さっそく作業を開始しました。ですが、時代劇のテーマ曲といえば、必ず「唄」が入っているもの。ここをどうしようかなぁ?と少し悩んだのですが、自分で歌ってから女声に加工すればバレないだろう、と。
そして迎えた最終日。すべての公演が終わったあとでドキドキしながら「これ、実はボクの声なんですよ」と打ち明けました。が、けっこうあっさり「は...? あぁ、そうなんですか」とスルーされて拍子抜けしたのでした...。http://kimura-isao.comshapeimage_6_link_0